一見するとちょっと変わったサングラス。でもよくみると、両方の目の部分に6つの小さな穴があいています。
この穴から、外が見えるようになっています。

ピンホール:視力回復

不思議なことに、眼の悪い人がこの「Wide10+2」をかけると、裸眼ではぼやけてしまっていたカレンダーやテレビの文字などがはっきり見えます。
視力の悪い人にとって、簡単によく見えるようになるというのは夢のようではないでしょうか。

◆なんで見えるの?

なぜこの穴の開いたサングラスを着けると、よく見えるようになるのでしょうか。
実は数十年も前から、眼科の世界では「ピンホール現象」といわれる現象は常識といえるものでした。

焦点:視力回復

ものを見るときには、目のレンズの役割である水晶体で、目に入ってきた光を集約します。
そしてその後ろにある網膜上で焦点が合うと、くっきりと見えるようになるのです。
その焦点が、網膜より手前に来ると近視、網膜より奥になると遠視や老眼となります。

ピンホール効果:視力回復

そして目に入るときの光がもっと細く、1本のすじとして目に入ると水晶体で集約する必要がなくなり、どの位置でも焦点が合うようになるです。
つまり、目に入る光を細くすればするほど、ピントを合わせる必要がなくなり視力がよくなったように見えるということです。

このような原理で、視力の悪い人でもよく見えるのです。

副作用などの危険はまったくありませんので、よく見えるようになりたいという方はぜひ試してみてください。

◆目の疲れに

現代社会では、パソコンやテレビ、雑誌、新聞、携帯電話のメール、受験勉強など、近距離でものを見続ける時間が長くなっています。
そのため、焦点を合わせるために目の筋肉(毛様体)が長時間の緊張状態を続けることになり、目が疲れたり、筋肉が硬直したりしてしまいます。

このようなときに、「Wide10+2」を使用すると、目がピントを合わせる必要がなくなるため、大変効果的です。

◆トレーニング効果

目の筋肉(毛様体)が長時間の緊張状態を続けると、筋肉が硬くこわばってしまい、近視の大きな原因の1つとなります。

<遠近トレーニング>

下記のような目のトレーニングを行い毛様体を鍛えることで見え方が違ってきます。

  1. Wide10+2を着けて、5秒間、遠くに視点を合わせる。
  2. そのあと、Wide10+2の1つの穴の縁に一気に焦点を絞り込み、5秒間集中して見つめる。
  3. これを、Wide10+2の左右の穴ごとに、繰り返し行う。

この体操を毎日の習慣にして役立ててください。

またWide10+2の効果的な使い方は、マスクをかけて毎日テレビを30〜1時間程度見ることです。
マスクをかけてテレビを見ることで、自然に目のトレーニングができます。

ただし、視界が狭くなりますから、以下の点には気をつけて下さい。

◆「Wide10+2」の特徴

この「Wide10+2」は着脱が簡単で、視野角も広くなり、目の周り全体を覆って外からの光を遮断して、より見えやすくなりました。

左右6つずつの孔を開けることで、従来の5つ孔より視野が広くなっています。
(左右視野70度(5つ孔)→130度(6つ孔)に)

Wide10+2

表面が特殊コーティングされていて光沢があり、高級感を感じさせます。

つるの部分のOリングのストッパーで顔の大きさに因らずフィットさせることができます。
(横幅の調整はできません)

つるの部分:視力回復

フレームは軽量で軟らかい素材を使用し、長時間耳にかけても負担がありません。

ストラップ付きで、常に携帯できます。

ピンホールの効果を最大限に得られるよう、内側ホール部分は暗い色で光よけ設計になっています。

パソコンやテレビを長時間見る方、目のお悩みをお持ちの方にオススメいたします。

<パソネットPC-Eye(旧製品)を使用された方の声>

※目のトレーニング効果には個人差があります
※ピンホールで光を絞り込むことにより視界は暗くなりますので、使用される方によっては逆に見えづらく感じる場合もございます。予めご了承ください。 
※個人の感想であり 効果・効能を示すものではありません。

おすすめ商品

Wide10+2
メガネなしでもよく見える、不思議なアイマスクのサングラスタイプ。6つの孔で視野角が広くなり、デザインもオシャレになりました。
パソネットPC-Eye
メガネなしでもよく見える、不思議なアイマスクのメガネタイプ。6つの孔で視野角が広くなりました。
ピンホールアイマスク
メガネなしでもよく見える、不思議なアイマスク。毎日3分のトレーニング。

Copyright (c) BANRAI Inc. All Rights Reserved.
無断転載・複製を禁じます
けんこうともだち Ninjapo